FC2ブログ

「晩発性(ばんぱつせい)癌」の恐怖!!

「晩発性(ばんぱつせい)癌」の恐怖!!

問題点を明確にする為に、テーマを絞って検討したいと思います。

健常者であっても普通の日常生活下で、
主に活性酸素によって、
癌細胞は毎日毎日5千個から1万個も
発生している事実は広く知られています。

と同時に、全ての癌細胞は、
完璧に修復され除去されている事も。

この点をもう少し掘り下げてみますと、
午前中に出来た癌が、そっくり午後に無くなると言うのではなく。

次々に発生する癌は、
その発生した瞬間から、免疫細胞によって刻々と修復され除去され、

免疫力さえ勝っていれば、
癌の総数は増加しないと言う事になります。

ここで明確に言えることは、
一定数のがん細胞は絶えず存在している事実です。

誰であれ、常に数百から数千個のがん細胞を抱えている訳で、
人体細胞60兆個に対して癌細胞数千個の割合です。

癌細胞に代表されるDNA損傷による異常細胞は、
活性酸素によるものだけではなく、

あらゆるもの、発癌性物質や
放射線事故や医療検査被曝によるものもあるでしょう。

ポイントは、放射線被曝による異常細胞だけが差別されて、
取りこぼす事など考えられないと言う事に尽きるのです。


この事の重要点は、被曝の影響も絶えず更新されていますから、

放射線によるDNA損傷によって、
数年後の「晩発性癌の発生」などは、
生命科学的に見ても、絶対に起こり得ないと言う結論になります。


もう一つの超が付くくらい重大な事は、
「放射線累積」の恐怖です。           
           平成30年9月20日
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

我知がち

Author:我知がち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
デフォルトカウンター
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR