FC2ブログ

「被曝累積」の恐怖!! 

「被曝累積」の恐怖!! 

毎日毎日1万個からの癌細胞が発生し消滅している
私たち人体の生命力には、只々驚くしかありません。

主に活性酸素によるDNA攻撃によるものですが、
その威力は自然放射線の1千万倍と言う論文さえあるのです。

それでは、危険とされ恐れられている、
あの憎っくき放射線の影響はどれ程のものなのでしょうか。

日本国内の自然放射線は、毎時0.05マイクロシーベルト位ですから、
其の1千万倍とは毎時500ミリシーベルトにもなるのです。

レントゲンやCT検査に代表されるX線による被曝など
活性酸素の猛威の前には霞んでしまいます。


医療検査被曝程度のダメージは勿論、福島レベルも同じですが、
即刻修復され、後に残らない累積されないと言うのが結論なのです。



教科書に「4シーベルトの被爆で半数死亡」、
「7シーベルトで全員死亡」と言うのがあります。

これだけでは、原爆による「数秒間での瞬間被爆」と、
原発事故などの「長期間の累積被曝」との区別がありません。

瞬間でも累積でも、7シーベルトの被曝影響は、
同じように危険だと教えているのです。

3秒で7シーベルトと1年で7シーベルトでは、(8,400Sv/h、800μSv/h)
放射線の強さである「線量率」が1千万倍も差がある事を教えていないのです。

しかしお気付きになりませんか、
人体が受ける被曝影響はその都度消去され累積されませんから、
7シーベルトと言う累積影響自体が存在しない幻想だったのです。

「晩発性癌の発生」が悪夢に過ぎなかった様に、
低線量率下での「累積影響」などは、絵空事の珍事
とさえ言えるのです。

福島では今まさに、除染と言う科学の衣を纏った亡霊が徘徊しているのです。

次は「電磁波」の恐怖と「発癌性物質」の恐怖とをまとめて検討してみます。
           平成30年9月21日
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

我知がち

Author:我知がち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
デフォルトカウンター
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR